冬へ向けて病気にならない対策

冬へ向けて病気にならない対策

体を冷やさないように、味噌汁、スープ、お茶、白湯などあたたかいものを意識して摂取しましょう。

旬の食材を意識して摂ることで、体を温める効果があります。快糖茶を辛口評価!

季節の変わり目は朝夕の気温差が激しいため、空気が乾燥しています。

風が冷たくなったら、のどをいたわりましょう。対策として外出の際マスクを着用すると、菌がのどに入ることを防ぐことができます。

梨、れんこん、大根などはのどや口の渇きをいやしてくれます。

外出先から帰ってきたら必ず手洗い、うがいをしましょう。手洗い、うがいをすることで、病気になるリスクが軽減します。

普段から規則正しい生活をし、寝る1時間前はスマートフォンやテレビなどの電化製品の使用をやめる。寝床で、スマートフォンでゲームをするのは危険です。脳が覚醒して睡眠をとることができません。

大人もそうですが、子どもの風邪予防には丈夫な身体をつくる食事がとても大切です。

免疫力を強化する作用があり、風邪予防、風邪の回復に欠かせない抗酸化ビタミンを意識して摂取しましょう。「かぼちゃ・人参・ほうれん草・大根の葉」などに豊富に含まれています。

脂溶性ビタミンですので、油で調理をすると吸収がよくなります。

風邪かなと思ったら、体を温め、水分の補給を十分に、無理をしないで、早めに休むのが一番です。これからぐんと寒くなる季節の到来ですね。

今から冬の準備、はじめましょう。あれやっとけばよかったはやめましょうね。

roientaru

コメントは受け付けていません。